気学勉強会 特別講座

毎月船場で開催してるビジネス気学講座。
初参加の方から基礎勉強会のご要望があり、
今回は、特別講座として、山口知宏先生の気学基礎講座の開催していただきました。

大阪船場気学講座

ビジネス気学ということで、多くの経営者の方々にご参加いただきました。

経営者の方々が集まり気学の観点から、これからの世の中の動きをとらえ、
どこに向かって、いかに振る舞うのかを、ど真剣に学び考える貴重な時間となりました。
 

日本のバックボーンは「神道」「仏教」そして「気学」

神道と仏教は神社やお寺があり生活に溶け込んでるので、違和感はないのですが、
気学と聞くと、占いなどの胡散臭さがあり最初は違和感を感じてました。
しかし、天気、景気、元気、やる気、本気、病気、呑気、気合いなどなど、、、
普段使ってる言葉に「気」がつく言葉はいくらでも出てきます。
しかし、これだけ使いまくってる「気」について、今まで一切学んだことがありませんでした。
この事に今まで一切気にしたことがなかったんですが、考えてみるとおかしな話です。

「気学」を学ぶことで日本が見えてくる。

学べば学ぶほど、日本の歴史に深く根付いている、すごく重要な概念で、
日本人として学ぶべき必須の学問だと感じています。

「神道」「仏教」「気学」これらが日本のバックボーンとなっている事実を知ることで、
日本の流れが見えてくる。

気の流れ宇宙のエネルギーの作用を知ることで、
世界の流れを知り、自分への影響も知ることができる。

これから知見を深めて、自分自身がどのように考え、振る舞うべきなのかを明確にし、
自己成長、他者貢献、社会貢献を目指したいと思います!

「気学」面白い!