TOC(制約条件の理論)シニア研修 神戸

ビーラブカンパニーさんで開催された、TOCシニア研修2日コースに、
TOCの師匠でもある講師の清水先生のサポートとして入らせていただきました。
全体最適、利益最大化を実践するためのTOCの深い概念を復習させていただくことができました!
清水先生は、これまでに、多くのTOC導入の成功事例をお持ちなので、
実例などたっぷりご紹介いただき、より実践的な内容で気づき満載の内容でした!
TOC講師 清水信博先生

 

【意欲の高い社長と経営幹部が集結】

インストラクターコースということもあって、参加者の皆さん実践導入の意欲が強く鋭い質問がとびかう熱い二日間でした!
すぐ実践して結果を出される方々がお集まりになってますので、今後の実践結果が楽しみです!!
TOC ダイスゲーム

【全員経営、利益最大化を達成させて、どんなメリットが?】

今回の研修で特に印象に残ったのが、TOCを導入して利益が上がった時のスタッフへの還元方法のことでした。
目標利益を超えた利益をどうするのか?という、利益の分配率についてのお話を最後にお聞きしたのですが、
共に頑張って会社を良くしても上がった利益がいかに自分たちに還元されるのかが明確でないと、スタッフのモチベーションに繋がらないということです。
自社の利益分配率をベースに分配の考え方を学ばせていただきました。

これは、TOC導入の際に曖昧になってしまってるところで、よくぶちあたる事です。
会社の目的は売上ではなく利益! 利益を上げることが全て! と理屈でわかっていても、それを達成した時に自分にいかにメリットがあるかが明確でないとまったくやる気につながらないという事がよくありました。 ともすれば、効率が良くなってしまうと自分の仕事が無くなってしい実質てきにデメリットが発生してしまうというジレンマを感じてブレーキがかかってしまう事もよくおこります。

やはり、全員経営で利益を上げて、その利益をいかに分配するかを明確にすることで、モチベーションが上がると考えます。最近、お金ではない!とよく言われてますが、お客様にいいサービスを提供して喜ばれる事で上がった利益であれば、自分自身にもしっかり還元する事は当然だと思います。生活が豊かになる事で心も豊かになります。そのモチベーションをまた次につなげる事で好循環がぐるぐる回ると思います。

そんな好循環のしくみづくりに、社長が意思決定をする事が必要になってきてますね!
目的は全員経営。そして全員がハッピーになる事!ということは、このあたりの合意形成は必須となりそうです!

 

研修日程は下記よりご確認ください!

研修日程はこちら