WEBサイト活用、ネットショップの改善をお手伝いいたします。

TOC研修(制約条件の理論)

  • HOME »
  • TOC研修(制約条件の理論)

TOC研修(制約条件の理論)

【TOC研修はこんな方に効果を発揮します!】

・儲かってないのにいつも時間がないと感じる方
・売上減、キャッシュ減で緊急対策を要する方
・「在庫」や「余計な仕事」がどんどん増えて、儲かっていると全然感じられない方
・いつも計画や納期が遅れるのが当たり前の方
・長期間の滞留在庫を見て見ぬふりをしている方

【こんな効果があります】

・何故か時間が増えて残業がなくなり社員の気持ちに余裕が出ます。
・品切れが不安な営業と、在庫増が不安な経理の両者が喜びます。
・在庫で眠るお金が減り、目に見えてキャッシュが増えます。
・在庫は減っているのに売れる商品が増えます。
・スケジュールと気持ちに余裕が出ます。

■このセミナーは、ゴールドラット著「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)を、
ゲームで体得し、企業の「ザ・ゴール(儲け続ける事)」の実現を目指します。

TOC研修 ゴールドラット
エリヤフ・ゴールドラット イスラエルの物理学者。

 

【TOC theory of constraints 制約条件の理論】

TOC制約条件の理論とは

あるシステムにおいて、利益最大化を妨げる根本的な要因が「制約条件」です。
この「制約条件」にフォーカスする事で、少ない労力で最大の効果を発揮する事ができる。
という、理論のもと、制約(ボトルネック)を集中管理し、利益最大化を達成させる手法。
それが、TOCです。

TOC活用のステップ!

①制約(ボトルネック)を発見する。
②制約の無駄を無くし、徹底的に最大活用する。
③全プロセスを制約に従属させる。
④制約を強化する。
⑤制約が解消したら、このプロセスを繰り返す。

まずは投資せずに、制約条件を無駄無く最大活用することで、利益最大化を実現させる手法がTOCです。

「制約条件」以外の改善は、逆効果になっている可能性も!

企業のシステムにおいて、制約条件以外を改善強化することにより、全体の効率を妨げてしまう事が多く発生しています。

目の前の仕事を精一杯こなす。という当たり前の事が全体としてはマイナスになってしまっている事は恐ろしい事実です。システム内の「制約条件」を特定することは、業務改善における最優先課題です。

TOC研修では、この「制約条件 Constraints」のメカニズムを知り、特定、改善する事で、企業の「ザ・ゴール 儲け続ける事」の実現を目指します。

TOC研修 ザゴール DBR

【ボトルネック(制約資源)にフォーカスする。】

TOCでは、ボトルネック(制約資源)に焦点をあてて、
利益最大化のための業務改善を目指します。

サイコロとチップを使った簡単なゲームを活用し、
ボトルネックがスループット(利益)を阻害するメカニズムや、
部分最適が全体に及ぼす弊害を体験します。

そして、TOC理論を活用する事で、それらを解消し、
全体最適、業務効率の向上、利益最大化の実現するまでのプロセスを、
より深く理解できる仕組みになっています。

ボトルネック意外の努力は逆効果になることがあるということを、
体感的に理解する事で、現場改善の気づきにつながります。

 

 

【TOC(制約条件の理論)ダイスゲームの概要】

◆経営者が必要な、「儲ける事」に必要な数字がすぐわかる戦略MQ会計初歩の講座から入ります。
◆7名1組で資材投入~各種製造工程~商品出荷までの製造ラインを作っていただきます。
◆参加者それぞれが、1製造工程を担当し、協力し合って工場を運営していただきます。
◆条件を変えた4パターンのシミュレーションゲームをおこなっていただきます。

第1ゲーム 小さい駆け出しの会社
第2ゲーム 設備投資で売上アップ。しかしキャッシュが減って不良在庫が。。。
第3ゲーム 改善のためにTOC理論を投入。不良在庫が減りキャッシュが増えた。さらに。。。
第4ゲーム さらに儲かるように工夫した会社。経営は速度。TOCは集中。

 

 

【ダイスゲームで利益最大化を阻害しているメカニズムに挑む!】

①どうすれば加速度を増して利益を創出できるか?
②難題だった納期遅れを無くすことができるか?、
③生産速度や営業活動がスムースになるか?
④更にそれらを武器とした企業の付加価値向上と競合他社との差別化をどうすればよいか?

TOC研修 ザゴール画像

 

 

【実際の現場でのボトルネックの認識と解決策を考えます】

◆リアルにおいての業務効率を悪化させている原因である、制約資源を発掘すべく、
参加者で力を合わせて、「リアルな業務フロー図」を作成し、
客観的に問題の発見と解決策を話し合います。ここが重要!!!!
TOC研修業務フロー

【好き勝手な意見がてがかりに!】

◆業務フローを拡げて、全員でディスカッションする事で、知らないからこそ言える、無責任で好き勝手な意見が飛び交います。そんな好き勝手な意見から根本問題解決の糸口が見つかる事が多くあります。

問題は、業界の常識や思い込みなど、自分たちの頭の中でつくられてしまってるのかもしれません。。。
思い込みや、意味の無い方針など「思考制約」は最大の制約です。

他にも、物理的な事柄が制約となっている「物理的制約」や、
マーケットに制約ができてしまっている「市場制約」などを考慮しながら根本解決をさぐります。
TOC研修 業務フロー

 

 

【スループット(利益)の最大化】

制約資源を集中させる!

「人」「モノ」「カネ」「時間」限られた制約資源をどこへ集中するかは、最大の焦点になります。
「ヤメル」ことを明確にし、「ヤル」ことを絞り込むことが、利益最大化のための重要課題となります。
TOC研修 スループット
目先の利益に目をとられたり、欲張る事で、大切なリソースが分散されてしまいます。迷いをなくすためにも、「ヤル事、ヤメル事」の明確化が重要になります。

【部分最適から全体最適へシフト】

目先の成果だけに集中するのではなく、全体の成果を俯瞰した意思決定が必要となります。
そのためには、起こりうる事象を予測するための、具体的な現状認識が必要となります。
漠然とした空中戦ではなく、核心的な根本原因を突き止めるべく「思考プロセス」を活用します。
ジレンマを解消し、部分最適から全体最適へシフト全員で足並みを揃えます!

ザゴール TOC 思考プロセス

 

 

【この講座が効くのはこんな方です】

・儲かってないのにいつも時間がないと感じる方
・売上減、キャッシュ減で緊急対策を要する方
・「在庫」や「余計な仕事」がどんどん増えて、儲かっていると全然感じられない方
・いつも計画や納期が遅れるのが当たり前の方
・長期間の滞留在庫を見て見ぬふりをしている方



【こんな効果があります】

・何故か時間が増えて残業がなくなり社員の気持ちに余裕が出ます。
・品切れが不安な営業と、在庫増が不安な経理の両者が喜びます。
・在庫で眠るお金が減り、目に見えてキャッシュが増えます。
・在庫は減っているのに売れる商品が増えます。
・スケジュールと気持ちに余裕が出ます。

 

2day TOC研修スケジュール

■1日目
09:30:開場
10:00:戦略MQ会計講義
10:30:TOCゲ―ム(1)決算(DC+FC)
11:30:TOCゲ―ム(2)決算
12:30:昼食(お弁当) 自己紹介
13:15:TOCゲ―ム(3)DBR 決算
14:00:講義「DBR理論の基礎」
14:30:TOCゲ―ム(4)決算
15:30:講義「バッファの位置と量」
16:00:業務フロー作成①
17:00:業務フロー発表
18:00:懇親会

■2日目
09:30:開場
10:00:前日の振りかえり
10:30:TOCゲ―ム(5)SDBR 決算
11:30:解説SDBR CCPM
12:00:昼食(お弁当)
13:00:ワーク「思考プロセス」
14:00:業務フロー改善
15:00:業務フロー発表
16:00:まとめ講義
17:00:感想文・解散

 

TOC研修 詳細

【TOC研修 インストラクター】
田中 良一(株式会社 JQUALIA)

【参加費用】 21,600円 (教材費・昼食含む)
当日までに下記口座にお振込お願いいたします。
(当日お支払いも可能です)

【お振込先】 三井住友銀行
(普通)8407826 大阪中央支店
名義  カ)ジエイクオリア

【持 ち 物 】 電卓 シャーペン 消しゴム 30cm定規
【服装 】   ラフな格好で起こし下さい。ネクタイ禁止!
【会 場】  船場ビルディング216号
〒541-0047 大阪市中央区淡路町2丁目5番8号217号

【アクセス】
地下鉄堺筋線北浜駅 徒歩7分
地下鉄御堂筋線 本町駅 徒歩8分

 

kaisaibi

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

お問い合わせ、研修のお申し込みはコチラからお願い致します。

フリガナ
お名前
ご住所
会社名
メールアドレス
電話番号
研修の申込
ご参加の研修をご指定ください。
メッセージ
初参加又は、ご経験期数をご入力ください。

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■
お電話メールでの参加申し込みはこちら
お問い合わせ
田中良一
06-6125-5603
tanaka@jqualia.jp
■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□

【TOC研修 インストラクター】

株式会社 JQUALIA  田中 良一

株式会社ソフトパワー研究所認定 TOC 最上級インストラクター
株式会社西研究所認定MG インストラクター
ゴールシステムコンサルティング認定  TOC/CCPMスペシャリスト

株式会社ソフトパワー研究所の 清水信博先生からTOC理論を学び、現場での実践例を重ね、2012年に最上級インストラクターに認定されました。

TOCの理論とMGの思想で組織の基礎づくりをし、WEBを活用したビジョンづくりでチームの活性化を推進させていただいています。

 

「株式会社ソフトパワー研究所 清水信博氏」が開発したオリジナル研修です。

j0399269 simizunobuhirosensei

 

 

【出張社内研修もさせて頂いております。お問い合わせ下さい】

TOC研修 2day 料金

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2卓12名まで 基本料金 226,800円
※初心者多数の場合は研修サポートとして1卓につきインストラクター1名必要となります。

追加1卓(6名まで)につき 86,400円 インストラクター1名込(別途2日宿泊費+交通費)

例)1卓6名〜12名 2回目以降 経験者多数の場合 

基本料金 226,800円インスト1名
 合計 226,800円(別途2日宿泊費+交通費実費)

例)2卓12名 初心者多数の場合 

基本料金 226,800円インスト1名+追加インスト1名 86,400円 
 合計 313,200円(別途2日宿泊費+交通費実費)

以降1卓追加につき 86,400円 (別途2日宿泊費+交通費実費) 

(税込価格)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

TOC研修 1day 料金

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2卓12名まで 基本料金 162,000円

追加1卓(6名まで)につき 54,000円 インストラクター1名込(別途1日宿泊費+交通費)

※決算、研修サポートとして1卓につきインストラクター1名必要となります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◆弊社で用意するもの◆

・研修で使う道具
・ゲームキット(TOC)
・研修で利用する用紙類
・研修で利用するレジュメ類

◆御社でご用意いただくもの◆

・研修場所の確保
・ドリンク・お菓子類
・文房具 シャーペン、定規、計算機、ホワイトボードマーカー等
・参加者名簿
・プロジェクター
・参加者、インストラクターの昼食
・参加者、インストラクターの懇親会での 食事 飲み物
•インストラクターの前泊を含めた宿泊費+交通費実費

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6125-5603 受付時間 9:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
研修開催日 MG研修 TOC研修

MG研修マネジメントゲーム2day 10月14日(土)15日(日)

MG研修開催日

TOC研修          9月16日(土)17日(日)

MG研修開催日

サービス

全員参加の経営づくり!

全員経営,フロー経営

自社メディア構築

自社メディア構築

業績UP実践合宿セミナー  終了しました。

TOC×品質工学
PAGETOP
Copyright © 株式会社 JQUALIA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.